1. >

BLOG&NEWS

あの麦わら帽子はどこにいったのでしょう

2015.08.07.

あの日のバッタ

子供の頃は夏休みになると麦わら帽子をかぶって虫取り網を片手に走り回っていたものです。

あの暑さが懐かしく感じられます。今現在の暑さはどこにも抒情的なものは感じられないから不思議です。

ある日、ランチの準備の為出勤するとコイツがいたのです。そう、子供の頃夢中になって捕まえていたバッタさんです。

ああ、子供の頃の感情が蘇る、、、捕まえ、、、普通に無理です。

今となってはもはや触れない恐怖の対象です。バッサッバッサ飛ぶし。ん??どこかで聞いた件ですね。

あの時の元住吉 THE BAR FLOWに現れたバッタの子孫が鶴見に来たのかもしれませんね。

意味が分からないという方は、過去のブログを読み返してみて下さい。

新たな発見があるかも。

お盆期間中も休まず営業しております。

パセオエルシエロ鶴見店でした。

 

 


暑さにやられているあなたへ

2015.07.27.

世の中暑いしか言えないのだろうか、、、、心頭滅却すれば火もまた涼し。

そんな心持ちでいられる方がうらやましいですね、、ホントに。

先日ご紹介したガスパチョ。シェリービネガーが効いて正に美味。

冷製パスタ第1弾としてそのガスパチョをスパイシーにアレンジした「スープサラダパスタ」始めました。

今年の夏は野菜で乗り切る!!身体の中から健康を目指すヘルシーなパセオエルシエロ鶴見店でした。

 

スープサラダパスタ

お問い合わせは—

手打ち生パスタ

パセオエルシエロ鶴見店

横浜市鶴見区鶴見中央1-4-3鶴見共同ビル1F

045-511-5600


スペインの夏を味わいたいあなたへ

2015.07.18.

台風も逸れてホッと一安心のパセオエルシエロ鶴見店です。

鶴見では恒例の総持寺のお祭りも始まりました。子供の頃に小銭を握りしめて走って行った頃が懐かしいですね。

今日も人がぎっしりで前に進めない位混んでいたようです。日本の夏。。。。金〇の夏。。。ではなく。

写真はおすすめタパスのガスパチョです。スペインでは夏場にこの冷製野菜スープを飲みます。

何年か前にスペイン人のシェフに聞いたら、自分が飲みたいから作るのだ!!と。

さもありなん。

スペインの夏。。。味わいませんか?

ガスパチョ


一味違うビールが飲みたいあなたへ

2015.07.15.

パセオエルシエロ鶴見店です。

7/15(水)より期間限定のベルギー産生ビールをご用意致しました。その名は「ラ・シュフ」

飲んだ印象はコクがあってスパイシー、ホップの苦味が少し効いた感じです。

写真はイメージクラクターの妖精「ホブコブリン」。赤い帽子をかぶり家事を手伝う良い妖精だとか。。。

グリム童話の寝ている間に靴を直してくれる小人みたいなものなのでしょうか。

酒場においては何を手伝ってくれるのやら楽しみですね。

ラシュフ


「プロも満足する良いお店とは?」 その5

2015.07.13.

飲食店へ長期に渡り情熱を持って従事し、現在も悪戦苦闘の日々を送る中、

癒しと刺激を求め、彷徨った末に見つけたお店や、尊敬する知人のお店等

私、横井の独断と偏見と行動範囲のみでご紹介させて戴きます。

 

その5 BAR SLAINTE MHOR  (バー スランジバー)

 

今回は、横浜鶴見にあるバー スランジバーを、相変わらず許可なく勝手にご紹介させて戴きます。  【バー スランジバー】こちらのお店は、私が鶴見のBAR時代屋の姉妹店で、同じ鶴見にあるBAR DANCEに勤めていた時にできたお店なのですが、個人的に色々と思い出深いお店です。

あれは、もうかれこれ17~18年位は前になりますが、鶴見の歴史あるバーで顔を売り出し中の私に対し、スランジバーのマスターである鎌田氏がこれから出店する事を伝えに挨拶に来てくれました。 その時、若い私はそれをライバル店からの宣戦布告と受け、「こりゃーいかん!!」とばかりに、すぐさま偵察に向かいました。 しかし、ベロベロになり迷惑をかけて帰還するという失態を犯し、次回謝りに行った私を鎌田氏は優しく受け入れてくれただけではなく、色々とお酒のうんちくを教えてくれました。

そんな優しさに気分を良くした私は、またベロベロになり、そしてまた次回謝りに行きーのベロベロになりーのという無限ループに陥り、気付けば給料を全部呑むという日々を何年か過ごしました。それはまるで無限地獄のようであり、極楽浄土のようでもありました。(なんのこっちゃ)

更に恐ろしい事に、そんな酒にまみれた素晴らしい日々を過ごす中、ふと横を見ると鎌田氏も私と共に無限ループに陥っているではありませんか!!  かくして、夜な夜な餓鬼の如くふらふらと呑む場所を彷徨い歩く、呑んだくれコンビが出来上がり、鶴見に数々の呑み伝説が生まれたとさ。  おしまい。


いや・・・いやいや、違う違う。 要するに、今の私のお酒の知識と経験は、彼に教わった事と、彼と飲み歩いた経験によるもので、マスター鎌田氏は非常に豊富な知識と技術を持っているのです!とか言いたかった。

特にウィスキーに関する知識は半端じゃないです。無機質な店内に光る1枚板のカウンター。ジャズが流れる中、スコッチ片手にゆったりした時間をスランジバーで過ごしてみて下さい。 きっと、もっとBARが好きになるでしょう。

ついでに、BAR SECOND FLOWも宜しくお願いします。

 

BAR SLAINTE MHOR (バー スランジバー)

横浜市鶴見区鶴見中央4-15-2 TEL045-504-8757 (不定休)

 


2 / 512345