1. >
  2. >

BLOG&NEWS

ありがとうございます パセオエルシエロ溝の口店

2015.10.16.

おかげさまで10/15(木)無事リニューアルオープン致しました。お祝いに駆けつけて下さった皆様には改めて御礼申し上げます。内外装やシステムも含めて変更致しました。これからのご来店のお客様にも見ていただきたいものに仕上がっております。尚、リニューアル特別記念と致しましてハウスワイン赤白を特別価格¥200(1杯)にてご提供しております。大変お得になっております。ぜひお試しを!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あの麦わら帽子はどこにいったのでしょう

2015.08.07.

あの日のバッタ

子供の頃は夏休みになると麦わら帽子をかぶって虫取り網を片手に走り回っていたものです。

あの暑さが懐かしく感じられます。今現在の暑さはどこにも抒情的なものは感じられないから不思議です。

ある日、ランチの準備の為出勤するとコイツがいたのです。そう、子供の頃夢中になって捕まえていたバッタさんです。

ああ、子供の頃の感情が蘇る、、、捕まえ、、、普通に無理です。

今となってはもはや触れない恐怖の対象です。バッサッバッサ飛ぶし。ん??どこかで聞いた件ですね。

あの時の元住吉 THE BAR FLOWに現れたバッタの子孫が鶴見に来たのかもしれませんね。

意味が分からないという方は、過去のブログを読み返してみて下さい。

新たな発見があるかも。

お盆期間中も休まず営業しております。

パセオエルシエロ鶴見店でした。

 

 

「プロも満足する良いお店とは?」 その5

2015.07.13.

飲食店へ長期に渡り情熱を持って従事し、現在も悪戦苦闘の日々を送る中、

癒しと刺激を求め、彷徨った末に見つけたお店や、尊敬する知人のお店等

私、横井の独断と偏見と行動範囲のみでご紹介させて戴きます。

 

その5 BAR SLAINTE MHOR  (バー スランジバー)

 

今回は、横浜鶴見にあるバー スランジバーを、相変わらず許可なく勝手にご紹介させて戴きます。  【バー スランジバー】こちらのお店は、私が鶴見のBAR時代屋の姉妹店で、同じ鶴見にあるBAR DANCEに勤めていた時にできたお店なのですが、個人的に色々と思い出深いお店です。

あれは、もうかれこれ17~18年位は前になりますが、鶴見の歴史あるバーで顔を売り出し中の私に対し、スランジバーのマスターである鎌田氏がこれから出店する事を伝えに挨拶に来てくれました。 その時、若い私はそれをライバル店からの宣戦布告と受け、「こりゃーいかん!!」とばかりに、すぐさま偵察に向かいました。 しかし、ベロベロになり迷惑をかけて帰還するという失態を犯し、次回謝りに行った私を鎌田氏は優しく受け入れてくれただけではなく、色々とお酒のうんちくを教えてくれました。

そんな優しさに気分を良くした私は、またベロベロになり、そしてまた次回謝りに行きーのベロベロになりーのという無限ループに陥り、気付けば給料を全部呑むという日々を何年か過ごしました。それはまるで無限地獄のようであり、極楽浄土のようでもありました。(なんのこっちゃ)

更に恐ろしい事に、そんな酒にまみれた素晴らしい日々を過ごす中、ふと横を見ると鎌田氏も私と共に無限ループに陥っているではありませんか!!  かくして、夜な夜な餓鬼の如くふらふらと呑む場所を彷徨い歩く、呑んだくれコンビが出来上がり、鶴見に数々の呑み伝説が生まれたとさ。  おしまい。


いや・・・いやいや、違う違う。 要するに、今の私のお酒の知識と経験は、彼に教わった事と、彼と飲み歩いた経験によるもので、マスター鎌田氏は非常に豊富な知識と技術を持っているのです!とか言いたかった。

特にウィスキーに関する知識は半端じゃないです。無機質な店内に光る1枚板のカウンター。ジャズが流れる中、スコッチ片手にゆったりした時間をスランジバーで過ごしてみて下さい。 きっと、もっとBARが好きになるでしょう。

ついでに、BAR SECOND FLOWも宜しくお願いします。

 

BAR SLAINTE MHOR (バー スランジバー)

横浜市鶴見区鶴見中央4-15-2 TEL045-504-8757 (不定休)

 

「プロも満足する良いお店とは?」 その4

2015.07.08.

飲食店へ長期に渡り情熱を持って従事し、現在も悪戦苦闘の日々を送る中、

癒しと刺激を求め、彷徨った末に見つけたお店や、尊敬する知人のお店等

私、横井の独断と偏見と行動範囲のみでご紹介させて戴きます。

 

               その4  BAR SHINE (バー シャイン)

 

今回は、横浜関内にあるバー シャインを、相変わらず許可なく勝手にご紹介させて戴きます。  【バー シャイン】こちらのお店は、関内ホールの裏手の路地の中の2階にありますが、その昔 いわゆるバブル期には、関内という場所は横浜の銀座と呼ばれ、横浜の中でも高級店が多く存在し、バーがひしめく激戦区と言われていました。

そんな激戦区の中、11年間営業しているお店であり、今の時代では十分老舗と呼んでも過言ではないかと思います。  そんな激戦区と激動の時代にありながらも燦然と輝く太陽の如く、存在し続けるには理由があります。 何故か? それは【バー シャイン】には、武器がある。  その武器とは、オーナー滑川氏が習得した熊本のバー技術です。 実は、一部のバーテンダーの中で、熊本はバーの聖地と呼ぶ人もいる程バー技術、特にカクテル技術が発達している土地なのです。  面白いのは、その発達したカクテルの技術がまた独特で、いわゆる銀座流とも横浜流とも少し違う、熊本流と言うべき独特の発展をとげた技術なのです。ラーメンで言うと横浜家系でも東京の鶏がら醤油でもなく、とんこつ みたいな。

私も初めて見た時、飲んだ時はカクテルってこんなにも美味しいんだと驚きました。

非常に美味いんです。いや、美味いって言うか、上手いんですよね とても。

是非皆さんにも一度行って味わって戴きたく思います。

家も職場もそっちの方じゃないからちょっと・・・という方に朗報です。

実は滑川氏と私は先輩後輩の関係で、色々ご教授頂いておりますので、遠くてちょっとなって方、武蔵小杉の方が近いんだって方はバー セカンドフロウにお越し下さい。

私、横井が会員制VIP室BAR WOLF(バー ウォルフ)にてお待ちしております。

 

BAR SHINE

神奈川県横浜市中区相生町4-71 KINビル2F

045-662-2005

19時~翌4時  22席

 「プロも満足する良いお店とは?」 その3

2015.05.21.

ここでは、相変わらず横井の独断と偏見と行動範囲でプロも満足する良いお店をご紹介させて戴きます。

 

BAR 翁(おきな)
10001545381_s

 

こちらのお店は、池尻大橋駅から徒歩10分程の所にあり、バーを探していなければ通り過ぎてしまうような、隠れ家的なお店です。  お店が隠れ家的に営業しているのに、紹介してしまって良いのかわかりませんが、【バー 翁】のオーナーが私の先輩なので勝手に紹介させて戴く事にします。 こちらのお店は、こぢんまりとしていて、決してゆったりした空間ではないのにもかかわらず、ゆっくり静かに酔える素晴らしいお店です。

それは何故か?と言いますと、まず 第一に、オーナーの岩野氏は当然ながら、バーテンダーの方々が、無機質でもなく出過ぎでもなく、余計な言葉を必要としない透明感のある接客により、お客さん一人一人が静かに心地良く呑めているからだと思われます。

【バー 翁】の醸し出すこの空気感は本当に素晴らしいです。  同業ながら、真似しようにもできないオーナー岩野氏の個性が作る雰囲気にちょっとジェラシーです。

次に、やはりカクテルの味が素敵です。 スタンダードカクテルへのこだわりや、スタンダードの奥深さをとても感じさせて貰えます。 特に岩野氏の作るマティーニは逸品です。

手前味噌ではありますが、我がTHE BAR SECOND FLOWも味にこだわるバーとしてそれなりにやってるつもりですし、あちこち様々なバーで呑んだ経験もありますが、岩野氏のマティーニには毎回感動させられます。ちなみに、個人的な見解ですが、私が今まで呑んだマティーニの中で、一番美味しく思ったのが、この岩野氏のマティーニです。

我が バー セカンドフロウも負けじと「武蔵小杉に素晴らしいマティーニを出すバーがある!!」 と言われるように精進したいと思います。

 

バー 翁  東京都目黒区東山3-4-5YSJビル1F

03-5768-3708   定休日なし 18:00~4:00 12席

 

 

 

「プロも満足する良いお店とは?」 その2

2015.05.18.

前回のBODEGA編が好評につき、相変わらず横井の独断と偏見と行動範囲でプロも満足する良いお店をご紹介させて戴きます。

BAR THREE MARTINI (バー スリーマティーニ)
ThreeMatini20081218_001

こちらのバーは、もはや私ごときがご紹介するのもおこがましい程の横浜を代表する名店です。 私自身も随分若い頃からお世話になり、そして参考にさせて戴きました。

スリーマティーニの凄い所を上げていってもキリがないので、お客さん目線や評論家目線ではなく、一人のバーテンダーとして語らせて戴くことにします。

スリーマティーニのスタイルはまさに現代の「ザ・横浜のバー」です。

では、東京のバーと横浜のバーはどう違うの?と、お思いの方にご説明致しますと、バーは横浜が発祥で、当時の町場のバーは外国の船員達の憩いの場所でもあったと同時に、ストレス発散の場でもあり、飲んだくれた筋肉隆々の船乗り達が暴れてもいいように、用心棒がいる店もあった程。

こう聞くと何て怖い所だったんだと思うでしょうが、いやいや酒なんてそもそもそんな物だし、酒の喧嘩は祭りのうちってなもんで、まぁ飲み方も豪快そのものだし、自分に嬉しいことがあった時にはその場にいる知らない人も含め、全員に酒を奢っては、どいつもこいつも皆で楽しんだそうです。そして喧嘩。でも周りは陽気に飲んでる、みたいな。 漫画のワンピースでもそんなシーンあると思いますが、まさにそんな感じの海の漢って訳です。私も横浜系のバーテンダーなので、昔程ではないにしろ、近い感じのを良く見かけました。 実に楽しかったです。

一方、東京はホテルのバーで修行された方が町場に出店するのが主流だったので、多くを語らず、一杯のお酒それぞれの味を追求し、紳士淑女の世界観を引き立てる黒子に徹するスマートなお店が多かったとか。

当時の横浜・東京共にそれぞれの地域の特徴と異なる魅力は、まさに甲乙つけがたし!であります。

では、現代の横浜・東京のバーは?といいますと、昔の横浜スタイルが、今のアメリカンスタイルのバーや、ダーツバー等に変化し、東京スタイルが、オーセンティックバーと呼ばれるようになり、また、それぞれのスタイルを名乗りつつも互の要素を取り入れたお店が多く見られるようになりました。

今回ご紹介のお店、バー スリーマティーニはオーセンティックバーのテクニカルな部分が超一流的に表現されながらも、気取らず楽に飲もうぜ! みたいな暖かい雰囲気でじっくり呑める、他にはない実に素晴らしいバーです。  私もこのお店で呑んだ時間が、そのままバーテンダーとしての自分のバックボーンになってるのを強く感じている程のお店なので、皆様にもおススメしたいと思います。

【BAR THREE MARTINI 横浜市中区山下町28 ライオンズプラザ山下公園 045-664-4833 火曜日定休】

 

 

「プロも満足する良いお店とは?」

2015.05.11.

飲食店へ長期に渡り情熱を持って従事し、現在も悪戦苦闘の日々を送る中、

癒しと刺激を求め、彷徨った末に見つけたお店や、尊敬する知人のお店等

私、横井の独断と偏見と行動範囲のみでご紹介させて戴きます。

その1、BAR BODEGA (バー ボデガ)

DSC07640

皆さんはバーを選ぶとき、どんな事を求めて選ばれますか?

家から近い店、食事も充実している店、好みのお酒があるお店等、色々あるかと思います。

私は、一人飲みの時は場所よりもその時の気分に合ったBARを選びますし、複数での時は気分より騒いでも平気な居酒屋を選択します。騒げるタイプのバーもありますが、職業柄色々と気を使うので、居酒屋が多いです。
では、今回ご紹介するBAR BODEGAはどんな気分の時に選ぶかと言いますと、ズバリ

「バーで飲みたい気分の時」です。 

要するに、BODEGAはこれぞBARだと思えるお店なのです。 私もバーテンダーを長くやっておりますが、「あぁ 良いバーだな」と素直に思えるお店はかなり希少ですし、私も非常に勉強になっております。 BODEGAで飲んでいていつも思うのは、マスターの小林さんのBARへの強い想いが随所に見られる事と、お客様がそれを理解し、またそれを体感する事を愉しんでいる事。店側とお客側でのお互の空間の共有の難しさは筆舌し難いですが、それを実現できる小林さんの店作りに感服します。
20937430

もし、この文章をお読みになって行ってみようかと思った方へ、僭越ながら申し上げますが、行く前にバーでのシーンが多いハードボイルド小説を読んでみて下さい。 おススメはレイモンド・チャンドラーの「長いお別れ」です。 定番ですし、ちょっと古いですが、

時代が変わっても本当にBARが似合う主人公です。

お店とお客が作るBARという空間の共有を感じられると思います。 BODEGAはそんなBARを本当にお好きな方におススメしたいお店です。  ちょっとハードル高いかなーと思った方は、 BAR SECOND FLOWにお越し下さい。 バー セカンドフロウは武蔵小杉というバーが少ない土地柄や、上級者向けのVIP室を別室に完備している為、ビギナーやBARの雰囲気を感じてみたい方、BARマナー・エチケットを知りたい方に最適です。

 

BODEGA  溝ノ口駅徒歩10分 高津駅徒歩8分 営業時間18時~2時

※1名~2名までの入店制限があるようです。

(勝手にブログに書いてるので、迷惑になる場合も加味して詳細は控えます。お手数ですがお調べ下さい)

 

パセオエルシエロ鶴見店です

2015.03.17.

パセオエルシエロ鶴見店 山田です。

当店ではランチは手打ち生パスタ、夜はスペインバル(もちろん夜も生パスタをお召し上がりいただけます)

と2つの顔を持つお店として営業させていただいております。

本日はランチタイムのご挨拶。

横浜初のスープパスタ専門店がランチタイムに登場

ブイヤベースの旨さを伝える深い魚介ダシにフレッシュハーブやスパイスを練りこんだオリジナルの自家製手打ち生パスタを使用しております。

2度おいしい秘密のパスタをお楽しみいただけます。

是非、ご賞味ください。

 

◆パセオエルシエロ鶴見店

横浜市鶴見区鶴見中央1-4-3 鶴見共同ビル1F

TEL 045-511-5600

●ランチタイム

横浜初のスープパスタ専門店

火~日 11:30-15:00(L.O.14:30)

月曜定休

●ディナータイム

スペインバル&パスタ

月~土 17:00-4:00

日   17:00-0:00

※10名様からの貸し切り承ります。

ご予算、メニュー等、お気軽にご相談ください。

MG_027

パセオエルシエロ溝の口店より

2015.03.15.

どうも。お金で買えない価値がある澤田石です。

ホームページがリニューアルされてから初めての更新になります。
とは言いましてもしばらくサボっておりましたが・・・

3月を迎え、歓送迎会シーズンまっただ中ですね。
溝の口店も卒業するスタッフがいるので、第二章の幕開けといった感じです。

フードメニューも大幅リニューアル致しました。

003_2

ちなみに今日のおススメの一部をご紹介!!

・ホタルイカと菜の花のアヒージョ¥720
まさに旬です。菜の花なんておひたししか食べたことないって方もいらっしゃるかもしれませんが、アヒージョイケます!!!

・旬の牡蠣の三点盛¥1000
その日に築地から届いた3種類の牡蠣を食べ比べられる牡蠣好きにはたまらない一品です。

溝の口駅周辺で飲もうかな?なんて思ったら是非お立ち寄り下さい。

ブログは今後、下らないことから真面目なことまで極力アップしていく所存でございます。

 

スペインバル パセオエルシエロ溝の口店
完全個室 大小宴会 デート 女子会 カウンター
川崎市高津区下作延2-2-3サンハイツ溝の口2F
TEL044-888-3110
東急田園都市線溝の口駅徒歩2分
JR南武線武蔵溝ノ口駅徒歩2分
西口商店街踏切渡ってすぐ。川崎第一ホテル・バーミアン目印。

 

 

武蔵小杉 バー SECOND FLOW

2015.02.05.

THE BAR Second Flow (ザ バー セカンドフロー)は

武蔵小杉のバーです。

 

一昔前はそこまで栄えた街とは言えない土地でしたが

東京都内や都心近郊エリアへのアクセスがとても良いこともあり、最近では開発も進み、近年で日本で一番地価が上ったりもしております。

 

いくつもの高層ビルが立ち、グランツリーなどの大きなショッピングモールが出来たりと、今現在も発展は進み続け街にも沢山の人が集まるようになりました。

 

当然飲食店も増えておりますし、ショッピングモールの中である程度済んでしまうケースも多いかと思いますが、大人の楽しみ方の出来る、落ち着いた本格的な良いバーはまだそう多くありません。

 

そこで1つ
良いバーとはどんなものでしょうか?

 

  • 居心地が良い
  • お酒の種類が豊富にある
  • 良いバーテンダーが居る
  • ラインナップや価格設定
  • 初めてでも安心して入れる「安心感」
  • お酒だけでなくおつまみ・お料理も充実している
  • 一人でも気軽に楽しめる
  • 非日常を味わえる特別感

 

バーを選ぶ際の基準は人それぞれだと思います。

 

SECOND FLOWは「全てのシーンに適応した、心地いい時間とワンランク上の味わい」をコンセプトに

変わりゆく武蔵小杉に新たに だけの特別な空間をご用意しております。

 

一人静かにお酒を愉しむカウンター席

恋人や仲間と過ごすテーブル席

夜風を感じて呑むテラス席 完全なるプライベート空間でくつろぐVIP室

 

お客様のそれぞれのシチュエーションに合わせてお選び下さい。

 

また、月1回の定例ライブも開催しております。

 

毎月第3火曜日の、アダルトコンテンポラリーが彩るムーディーな夜をお過ごし下さい。

 

武蔵小杉 セカンドフロー